1. TOP
  2. フィリピン不動産投資で稼ぐ、売却利益の狙えるプレビルド投資

フィリピン不動産投資で稼ぐ、売却利益の狙えるプレビルド投資

image01

なぜ海外不動産が注目されてるの?

image01

 

政府の債務が1000兆を超えるなど日本の将来が見通せない中、下流老人、老後破綻などという言葉もよく耳にしますが、実際に、老後の蓄えは大丈夫か、十分な年金がもらえるかなど不安に思う方も多いはずです。

そういった社会の情勢を反映し、自分の収入は自分で確保したいという考えを持つ人が多く、副業を始めたり、株やFX、不動産投資を始める方も増えております。

その中でも比較的安全な投資ということで不動産投資がよく上げられ、サラリーマン大家さんなる言葉も色々なメディアで見かけるようになり、不動産投資がより身近なものになってきています。

 

しかし、リーマンショック以降一旦は落ち込んだ不動産相場もアベノミクス、東京オリンピックなどといったプラス要因により、現在はに東京を含めた首都圏を中心に不動産価格は高騰しており、国内の不動産投資においてこれから参入するには利回りが取りにくい状況となっております。

 

そんな状況下、円高も後押しし海外不動産への投資が注目されております。

 

海外不動産投資というと、日本で不動産投資をやるのも怖いのに海外で不動産投資をするのは本当に大丈夫?という方も多いはずです。

しかし、最近では海外不動産投資をする方が増えている為、日本国内にも海外不動産を専門に取り扱う不動産会社が増えており、以前より安全に投資できる環境が整っております。

 

どこの海外不動産がおススメ?

image02

https://visualhunt.com/f/photo/294543035/829c1bbe78/

 

注目されている海外不動産投資ですが、投資先としては現在発展の目覚ましい東南アジア諸国、とりわけ親日色も強いフィリピンが人気となっています。

 

フィリピンは、東京から飛行機で4時間半、国土面積は日本の約80%にあたる約30万k㎡、人口も遂に一億人を突破。英語圏では低賃金な労働力を生かし、経済成長著しい注目の国です。リーマンショックの影響をほとんど受けなかったこともあり、今では英語圏のアウトソーシング先やコールセンターとして発展しています。

そんなフィリピンの不動産投資がなぜ注目されているのか?

理由は、下記の3つになります。

1.フィリピンの首都マニラのマカティ地区では六本木ヒルズのようなコンドミニアムが割安で手に入り、発展途上であるフィリピンでは今後    不動産の値上がりが狙える。

2. 出生率3.08人2050年には人口1億7000万になる為、賃貸需要が増え安定した収益が狙える。

3. クウォータービザ取得で不動産価格の8割の借り入れが可能で、担保以上の支払いを求められないノンリコースローンが使える。

 

実際いくらで買えるの?

image00

https://visualhunt.com/photo/45907/

 

それでは実際にフィリピンではどれくらいの価格で不動産が買えるのでしょうか。

なんと東京都心の高級マンションの約25%で購入が可能です。

アジア圏では高いと言われている香港と比較すると7分の1になります。24時間ガードマン付きのコンドミニアムが割安で買えるのです。※コンドミニアムとは、日本でいう分譲マンションのようなものです。

そして日本人がフィリピンで行う不動産投資先としては、ペントハウスやコンドミニアムとなりますが、ペントハウスは供給が少ない為コンドミニアムへの投資となります。

現在、フィリピンのコンドミニアム投資では表面利回り12%、空室率5~10%で推移しており、企業がメインで利用する高級コンドミニアムだと家賃は半年~一年前払い制なので安定した収益を上げることが出来ます。

こういったコンドミニアムをプレビルド、中古、競売といった形で購入するのですが、実際に中古物件、競売物件は取り扱いが少なくプレビルドで購入するのが一般的な購入方法となります。

プレビルドとは日本でいう新築分譲マンションのような販売方法で計画段階で販売する手法で、物件の完成の2~3年くらいから予約販売されます。建設前に購入するというリスクがある分、実際に建築した後で購入するよりも安い値段で購入できるメリットがあります。

建築出来なかった、ローンが組めなかった、思ったほどの売却益が出なかったなどデメリットもありますが、安く買えるというメリットを生かして、売却して大きな利益を狙えるという点がフィリピン不動産投資の最大の魅力です。

 

プレビルドの契約について簡単な流れを説明

計画段階の物件を資料を参考にし購入する物件を選んで販売会社に申込をし、各種必要書類等を準備、不動産売買予約契約書を提出します。予約金は契約価格の約10%でキャンセルをしても返却されないのでご注意ください。

次に販売業者による審査が行われます。5000万以上の場合は、給与明細や銀行口座3カ月月分の履歴、後は「Proof of Address」として身元を確かめるために現住所の確認(公共料金の支払明細書など)が必要になる場合があります。

又、申し込みをしたらフィリピンで銀行口座を開設が必要になります。フィリピンでは小切手を使った決済が主流です。

審査等問題なければ、通常は申し込み後3か月~6か月経つと売買契約書が届くので、署名捺印して販売会社に返送します。以上で契約は完了ですが、販売会社によっては、Notarization」=「Notary Public」という、日本でいう公証人役場での認証が必要な場合があります。後は建物の完成を待つだけとなります。

この間に融資を使う場合は、銀行への打診が必要となります。一般的には3か月前に全額決済となりますので遅くとも決済の半年前には手続きが必要になります。

支払いも終わり、いよいよ竣工。

フィリピンでのコンドミニアム不動産投資では、物件が完成すると30%ほど価格が上がる仕組みになっています。例えば1000万円の投資なら300万のリターンが見込めるということですね。人気物件であれば更なる利益を狙うことも可能です。

 

人口、経済とも将来の成長が見込めるフィリピンの可能性は無限大。

そんなフィリピンでコンドミニアム・プレビルド不動産投資を行って、大きなリターンを得ることで楽しい老後を送りたいものですね。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

フィリピン不動産なら「セブシェア」の注目記事を受け取ろう

image01

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フィリピン不動産なら「セブシェア」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
cebu-1man

ライター紹介

cebushare

この人が書いた記事

  • image01

    人気のハワイ・フィリピンセブ島のタイムシェア!投資にも利用できる!?

  • image00

    セブ島語学留学の真実!成功させるためのおすすめ方法とは?

  • image00

    リピート客が多いセブ島のプランテーションベイ・リゾート&スパ!その魅力を探る

  • image05

    セブ島に移住した日本人が教える!最高級ホテルのセブ シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ

関連記事

  • image05

    大人になった今こそ留学!30代にセブ留学がおすすめな10の理由

  • image00

    フィリピン・セブ島の海外不動産投資をはじめる前に意識すべき3つのこと

  • image05

    初めての方必見!セブ島観光おすすめ費用別オプショナル・ツアー5選!!

  • image01

    セブ島の格安交通手段「ジプニー」!!乗り方・注意点完全ガイド!!

  • image07

    フィリピン・セブ島の初心者向け観光名所 7選

  • bikini woman with an umbrella watching a rainbow in Florida

    いつ行くのがお得?セブ島の目的別ベストシーズン

cebu-1man