1. TOP
  2. セブ島ゴルフツアーならココ!オススメ5選!

セブ島ゴルフツアーならココ!オススメ5選!

image01

コバルトブルーの空にエメラルドグリーンの海、純白の砂浜にヤシの木が彩る南国の楽園……セブ島。

セブ島は近年観光客も増え人気のスポットの一つとして注目を集めています。

各種旅行会社においても、海外旅行ツアー、海外ゴルフ旅行ツアーなど様々なツアーパックが企画され充実しています。

そんな常夏の楽園で思いっきりゴルフを楽しみたい! そんなゴルファーも少なくないでしょう。

……とは言え。

ゴルファーの中には初級者の方もいれば、上級者のベテランもいます。

折角海外まで足を運んでみたところで

「つまらん! 簡単すぎる!」

「難しい……来なきゃよかった」

そうなったら最悪です。

と言う訳で、今回は様々な魅力溢れるゴルフコースをご紹介すると共に、オススメしたいゴルファーのレベルも併せてご紹介していきたいと思います!

 

1・アルタビスタ・ゴルフカントリークラブ

image01

http://ceburyugaku.jp/8344/

 

パー 72・バック5,989ヤード・レギュラー 5,477ヤード・フロント5,019ヤード

料金165USD(参考価格です、各種ツアーなどにより料金は異なります)

http://altavistagolfcebu.com/

(参考URL)

 

セブ島のゴルフコースで常にランキングの上位に来る人気コース!

山岳にあるコースで、セブ市内からは車でおおよそ40分。クラブハウスからはセブの街が一望出来ます。ただ市内が一望出来るほどの山岳という事は……そうです、アップダウンが激しく、距離感の正確性がより求められる中級者以上の方にオススメしたいコースです。

もう一つの注目は高低差が多い割に決して長くは無い……あれ? そうなんです。このコース、日本によくある山のコースとレイアウトが似ているんです。よって何よりもフェアウェイキープがスコアメイクの鍵! 飛ばすゴルフではなく、ち密な戦略を求める方にピッタリです。

当然OBもあります。と言うか……大スライスや大フックを打ってしまうと谷底へ真っ逆さまです。距離はあまりありませんので、いっその事ドライバーを封印してウッドでティーショットを「すべて打つ」という選択肢もありでしょう。更にグリーン回りも曲者です。バンカーはさておいて、砲台グリーンの奥がとんでもない傾斜になっている箇所もあり、アイアンの正確性が求められます。ただ、これはアルタビスタに限らず全てのコースで言える事なのですが、湿度の影響か基本的にグリーンは重い為に4~6番アイアンでも比較的止まってくれます。

あまりランを計算に入れず、ピンをデッドに狙うのもいいかもしれません。

 

2・セブ・カントリークラブ

image02

http://ceburyugaku.jp/8417/

 

パー72、18ホール、6546ヤード

料金205USD(参考価格です、各種ツアーなどにより料金は異なります)

http://golfguidephilippines.com/golf-courses/visayas/cebu-country-club/

(参考URL)

セブ島のほぼ中央に位置し、セブ市内からも車で10分ほど。各種トーナメントの舞台にもなる広大な敷地面積を誇る名門コースです。遠くを見渡せば周囲の市街地のビル群が立ち並び、まさに都会のオアシスと言った場所です。山岳地帯ではない為に比較的フラットな作りですが、木々や池の配置が絶妙です。フラットな為にで一見簡単そうに見えますが、うまい具合に木々がせり出し「空中フェアウェイ」が狭い場所も多く、更にはグリーン手前やフェアウェイの脇など要所要所に池が上手に配置され、思ったより攻めるポイントが狭くなっているのが特徴です。

距離はまずますありますが、アルタビスタと同じく敢えてドライバーよりも3~5番ウッドでティーショットを打つのも賢明なやり方かもしれませんね。

ここも中級者向けのコースです。

ちなみに、カントリークラブだけではなく、セブ島のゴルフコースでは必ずキャディーが付きます。先程も書きましたが基本的にグリーンが重いために日本のグリーンに慣れている(日本の一般的なコースのグリーンもそこまで重くはありませんが)ゴルファーにとってはキャディーのアドバイス無しでは必ず苦戦を強いられる為に、しつこいくらいに聞きましょう(^^;

加えてここで大切な事を一つ。

南国の楽園だからと言ってラフな服装でゴルフコースに行くのはやめましょう、ちゃんとドレスコートを着用して下さいね。

 

3・セブ・マクタン・コーラル・ゴルフクラブ

image03

http://ceburyugaku.jp/8423/

 

パー2・バック6,155ヤード・レギュラー 5,974ヤード・フロント5,502ヤード

料金140USD(参考価格です、各種ツアーなどにより料金は異なります)

http://golfguidephilippines.com/golf-courses/visayas/mactan-island-golf-club/

(参考URL)

マクタン・エアベースとも言われる、その所以は空軍基地内にあるからです(^^;

最初にお邪魔するときに、入り口で軍人さんが銃を持っていて「うぉ!」と驚くかもしれませんが大丈夫ですよー。

さて、このコースの特徴ですが……基本的に初心者向けと思われます。

まずOBがありません。隣のホールに打ち込んでもそこから打てます。

確かに池の配置は絶妙で、油断していると簡単にポチャンです。初心者の方は最低でも1ダースはボールを用意しておくといいでしょう。しかしながらフラットなコースが多く、戦略性と言うよりはある程度狙った方向に打ち出せるゴルファーであればちゃんとパーは拾えると思います。山岳でのゴルフはちょっと辛い、気楽にプレーしたい……そんな方にオススメです。

先述の「セブ・カントリークラブ」よりはお安くプレー出来ますが、中級者以上の方にはあまりオススメ出来ません。

 

4・セブ・クラブ・フィリピーノ

image00

http://www.kimigolf.com/Philippines/Club-Filipino/Club-Filipino.htm

 

パー 71・バック6,128ヤード・レギュラー 5,712ヤード・フロント4,855ヤード

料金165USD(参考価格です、各種ツアーなどにより料金は異なります)

http://golfguidephilippines.com/golf-courses/visayas/club-filipino-inc-de-cebu/

(参考URL)

セブ市内からはおおよそ一時間ほどのところにあります。

ここは高低差がある丘陵コースです。まるで高原のような豊かな緑あふれる道路を抜けた先にある風光明媚なコース。景観がものすごく綺麗で、山間にある為に非常に空気も綺麗でリゾート気分は満開です……が! 山間にある分、打ち上げ、打ち下ろしのホールが殆どで正確な距離感を求められます。

ショットに自信のある中級者~上級者向けですね。このホールにはOBがあるので初心者の方はとんでもないスコアになる可能性もあり、あまりオススメ出来ません。

例えばパー3のホールで一番短くて160ヤードあります。コースレイアウトがしっかりしていてロングホールは特に微妙なドッグレッグや高低差のせいで2オンがなかなか狙えません。パー4のホールでも距離こそ短いものの片側が谷底になっていて緊張感のあるティーショットを求められます。

 

5・イーグルリッジ・ゴルフクラブ

image04

http://www.kimigolf.com/Philippines/Eagle-Ridge/Eagle-Ridge-Aoki/Eagle-Ridge-Aoki.htm

 

パー72、18ホール、6990ヤード

料金200USD(参考価格です、各種ツアーなどにより料金は異なります)

http://www.eagleridgegc.com/

(参考URL)

さて、ここまでセブ島でのゴルフコースをご紹介してきましたが、どーしても外せないフィリピンにおけるゴルフコースがあるのでご紹介させて頂きます。

それがこの「イーグルリッジ・ゴルフクラブ」です。フィリピンの首都マニラのニノイ・アキノ空港からおおよそ1時間30分くらいの場所にあります。

ここは青木功氏による設計コースがあり、日本人にも大変有名で好まれています。その他にもグレッグ・ノーマンやニック・ファルド、アンディ・ダイによる計4つの72ホールに渡るチャンピオンコースが設計されています。

夢の舞台です。

当然のように難しくも面白いです。

要所要所にハザード、バンカー、そして谷底……と高い戦略性を求められながらも攻略ルートが確実に用意され中級者~上級者のゴルファーの心理をこれでもかとつついて来ます。

フェアウェイが広いホール、狭いホール、バンカーが異様にせり出しているホール、グリーン周りがやたらシビアなホール、あらゆるゴルファーに対して「さぁどうだ! 挑戦してみろ」と言わんばかりの戦略性に富んだホールが目白押しで、必ず何度も何度も足を運んでなお「また来たい!」そう言わせるコース設計になっています。

是非一度足を運んで頂きたい世界屈指の名門コースです。

 

……さて、最後になりますが、基本的にフィリピンのゴルフコースは日本人観光客も多い事から孤独感も少なく、安心してリゾートを満喫できるでしょう。

ぜひ足を運んでみては如何でしょうか?

 

\ SNSでシェアしよう! /

フィリピン不動産なら「セブシェア」の注目記事を受け取ろう

image01

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

フィリピン不動産なら「セブシェア」の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
cebu-1man

ライター紹介

マットサラー

この人が書いた記事

  • resort-hotel-swimmingpool-pool-swim-swimming-pool

    海外投資で話題のタイムシェアとは?基本知識を徹底解説

  • 201406120558497ea

    セブ島の夜はビキニバー!日本じゃまずできない夜遊びを満喫しよう!

  • image03

    セブ島にいく前におこれを見ておくべき!セブ島旅行ブログ6選!

  • bikini woman with an umbrella watching a rainbow in Florida

    いつ行くのがお得?セブ島の目的別ベストシーズン

関連記事

  • image11

    セブ島で絶叫アクティビティならここ!クラウンリージェンシーホテル!!

  • image08

    セブ島の高級リゾートホテル「プルクラリゾートホテル」とは?

  • image02

    1,000円以内で本格派!セブ島格安マッサージ店3選!

  • image13

    広大なビーチや食事を堪能できる!セブ島のおすすめホテル9選!

  • creature_jinbee

    セブ島のジンベエザメとダイビング!オススメツアー3選

  • image00

    フィリピン セブ島の通貨・物価事情!日いくらあればいいの?

cebu-1man