1. TOP
  2. セブ島の格安交通手段「ジプニー」!!乗り方・注意点完全ガイド!!
cebu-1man

セブ島の格安交通手段「ジプニー」!!乗り方・注意点完全ガイド!!

2016/12/01 セブ島 セブ島エリア情報 観光
この記事は約 6 分で読めます。
image01

知っていますか?最高に興奮するフィリピンのソウルビークル「ジプニー」

 

日本のトラック野郎やパキスタンのバスも顔負けの個性的で派手なデコレーション!ナイトクラブさながらに鳴り響くミュージック!セブ島だけでなくメトロマニラなどフィリピンの主要な都市のネオンに華を添えるビームライトを発して渋滞する道路を疾走する公共交通手段。

皆さんは乗ってみたことはあるでしょうか?

「ちょっと怖い気がする」「乗り方・降り方がわからない」という方が多いと思います。

今回はこの「ジプニー」を、セブ島やマクタン島の移動方法のひとつとして紹介させて頂きたいと思います。

 

image01 ※両サイドのオープンすぎる窓から街を眺めながら乗車

image06

※夜になると、そのライティング効果の凄さに驚く

 

ジプニーって簡単に言うとどんな乗り物なの?

 

ジプニーは写真のように運転席の後ろに20人前後が乗れる荷台がついた、「オープンすぎる」公共バスになります。

元々は第二次世界大戦後にアメリカ軍が残していったジープが、フィリピンの公共交通手段として生き残り、今では街で欠かせない移動方法となりました。中には日本の車体も、フィリピンでジプニーに進化して街を走っていることもあるようです。

ジプニーはフィリピン独特の派手なデコレーションや、車両によっては派手なサウンドやライティングを施していしています。段々とジプニーに乗り慣れてきますと、見た目で乗る車体を選んでしまう「ジプニー通」の自分にお気づきになるでしょう。

 

Jeepney art

Jeepney art

※各車、自慢のペイントを車体に施している。

ジプニーの運賃はいくらなの?

 

セブ島やマクタン島界隈の価格は、近距離だと6ペソ(約12円)~10ペソ(約21円)。たまに長距離であれば20ペソ(約42円)ほどになります。

この近距離・長距離というのがかなり曖昧ではありまして、筆者の場合はまず10ペソ(約21円)をわたし、運転手の顔色を見て判断します。とはいえ20ペソ(約42円)になることはまず珍しく、マクタン島内、セブシティ内の移動ならほぼ10ペソ(約21円)以内で行けるはずです。

フィリピンにはタクシーや、バイクを利用したトライシクルも交通手段として存在しますが、お値段のは断トツの「安すぎる乗り物」です。

何十人かで乗り合う交通手段なので運賃も割り勘みたいなイメージです。

 

image03

※お客さんを探してジプニーの大行列

 

乗り方!降り方!注意点!

 

ジプニーに乗りたいときは、適当に手をあげます。混雑しているエリアではない限り大体どこでも乗ることができるでしょう。

ジプニーの本数は・・・無限ではないかというくらい沢山走っていますので「融通が利きすぎる」乗り物と言えるでしょう。

ジプニーに乗ったら初心者の方は運転手が近くになる奥の方の座席にすわりましょう。運転手に行きたい場所を告げれば、近くでアナウンスしてくれます。もし自分でジプニーを止めたいときは「ロガーラン!」と叫びましょう。止ってくれます。

料金は運転手に直接渡すのが基本ですが、混雑していて手渡しが難しいときは、お客さん伝いで渡すのを手伝ってもらうことができます。

もっとも、「乗客が乗りすぎる」ジプニーですので、運転手のそばに座ると、いつもいつも他のお客さんの料金を運転手に渡す役回りになるので、ベテランになってくるとそれが面倒臭く思われるでしょう。ちなみにお金を運転手にわたすときはセブ島の言葉で「プリティ」、お客さんに渡すのを手伝ってもらうときは「パリホグ」と言います。発音は・・・自信をもって言えばきっと大丈夫です!?

もう一つ重要注意点は、ジプニーには路線が決まっているということです。決まった2ポイントを巡回するのがジプニーになります。ジプニーの側面にその2ポイントの地名が書いてあるのでそれを確認するか、乗る前に運転手やお客さんに〇〇に行くか?と確認する必要があります。もし直接行くルートが見つからない場合は乗り換えて移動する必要があります。

 

image09

※乗り降りは後ろから。

 

実は先日、日本テレビの「幸せ!ボンビーガール」で劇団ひとりさんのジプニー初トライが放送されていましたね!劇団ひとりさんは、運賃のコインでコンコンと天井を叩いて車を止める手法を教わって実践しています。

 

image04

※幸せ!ボンビーガールYOUTUBE切り抜き

image05

※幸せ!ボンビーガールYOUTUBE切り抜き

image00

※幸せ!ボンビーガールYOUTUBE切り抜き

 

こちらのリンクからYOU TUBEで見られます。

https://youtu.be/dUwNDzELJHc

雰囲気を掴みやすいと思います!

 

安全面の注意

 

デコレーションやサウンドに気を良くしてしまい、ついつい記念撮影をしたくなる方もいらっしゃるでしょう

しかしながら当然ジプニーにはいい人ばかり乗ってくるとは限りません。スリやひったくりも中に混じっている可能性はあります。

それはどこの国でも程度の差はあれど、有り得ることなので殊更に警戒する必要は無いとは思いますが、やはりスマートフォン、財布、その他効果なアクセサリーなどはあまり目に付かないように配慮するのがベターです。

スマホで撮影するときも手のひらで隠しながらこっそりと、そして強く握りしめながら撮影しましょう。

そして、どうしても荷物が多いときなどは、安全面の問題もありますが、他の乗客をなぎ倒して乗車することになってしまいますので、残念ですがタクシーかトライシクルを選択しましょう。

 

image02

※荷物は少なめに。体の前にまとめて持とう。

ジプニーを楽しみましょう!

 

最低限の注意を払っていれば、こんなに「楽しすぎる」交通手段は無い!というのが筆者の気持ちです。

見た目で乗る車体を選べて、到着するまで音楽を楽しめて、現地の人々とコミュニケーションが取れて、10ペソ(約21円)とは!

行先を把握してセブアノ語で運転手に指示が出せるようになると、ああ自分もフィリピンに馴染んできたなあという実感を得られます。

旅行者ですとタクシーでの移動がメインになることが多いと思いますが、荷物が少ないときなどは一度、フィリピンの魂ともいえる「ジプニー」を移動方法の候補の一つとして検討してみてはいかがでしょうか? あ、ちなみにフィリピンは英語も通じますからご安心ください。

 

image08

※発車を待つジプニー

\ SNSでシェアしよう! /

セブシェアの注目記事を受け取ろう

image01

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

セブシェアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
cebu-1man

ライター紹介

cebushare

この人が書いた記事

  • image01

    人気のハワイ・フィリピンセブ島のタイムシェア!投資にも利用できる!?

  • image00

    セブ島語学留学の真実!成功させるためのおすすめ方法とは?

  • image00

    リピート客が多いセブ島のプランテーションベイ・リゾート&スパ!その魅力を探る

  • image05

    セブ島に移住した日本人が教える!最高級ホテルのセブ シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ

関連記事

  • image06

    次の海外旅行はセブ島へ!元旅行会社店員が教える航空券予約で注意すべき3つの事

  • image09

    フィリピン・セブ島に移住した日本人が選ぶ、セブ島の家具付き賃貸ハウス5選

  • image21

    セブ島の格安観光スポット!タリサイ市の旅行ガイド!

  • image05

    大人になった今こそ留学!30代にセブ留学がおすすめな10の理由

  • image05

    初めての方必見!セブ島観光おすすめ費用別オプショナル・ツアー5選!!

  • image11

    毎年1月に行われているフィリピンのシヌログフェスティバル (sinulog festival)

cebu-1man